人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ヨム・ジョンア、キム・ソヒョン、チョン・ジュノ「SKYキャッスル」


SKYキャッスル(SKY 캐슬) ☆☆☆☆
d0060962_23330107.jpg
2018~19年JTBC金土ドラマ、全20話
演出 チョ・ヒョンタク(「イニョプの道」「君を守る恋 〜Who Are You〜」)
脚本 ユ・ヒョンミ(「ゴールデンクロス~愛と欲望の帝国~」「グリーンローズ」)
出演者
ヨム・ジョンア(ハン・ソジン役)、イ・テラン(イ・スイム役)、ユン・セア(ノ・スンヘ役)、オ・ナラ(チン・ジニ役)、キム・ソヒョン(キム・ジュヨン役)、チョン・ジュノ(カン・ジュンサン役)、チェ・ウォニョン(ファン・チヨン役)
最高視聴率は23.779%(AGBニールセンによる)

選ばれた家族だけが住むSKYキャッスルの中で、夫は王に、子は天下一の王子と王女に育てたい奥様たちのすさまじい欲望を隅々までのぞき見るブラックコメディが混ざった風刺スリラードラマ。
初回は1%台の視聴率だったんですが、その後どんどん数字を伸ばし、地上波以外で放送されたドラマとしては「トッケビ」の記録を塗り替え、歴代1位の視聴率を記録したドラマです。

*このドラマのアンケートを作っています。ご覧になった方々に参加していただけると嬉しいです♪






SKYはもちろん空という意味なのですが、韓国で名門大と言われるソウル大(Seoul)、高麗大(Korea)、延世大(Yonsei)の3大学を指す言葉としても知られている言葉です。
韓国で問題になっている過酷な受験戦争を風刺するドラマって、けっこうコミカル色の強いものが多い印象なんですが、このドラマは初回から、目的を果たし息子をソウル大医学部に合格させた母親がその直後に自殺する、という事件が発生し、とても不穏な空気に満ちたドラマです。
そして、舞台になっているSKYキャッスルがとってもゴージャス。
映像の美しさもその魅力を加えています。

主演陣もまた、豪華。
特に、親たちを演じるのは、単独で主演を演じることも多い俳優さんたちに、実力派の俳優さんを合わせ、その演技には見ごたえがあります。

子役に関しては「君の声が聞こえる」の男性主人公子役を演じたチャニに注目です。
現在ではSF9というボーイズグループの一員としても活躍しているそうで、すっかり成長した姿が盛られます。2000年1月生まれなので19歳なんですね~

演技面で私が注目したのはメインの家族の中で次女を演じたイ・ジウォン。
彼女は2006年生まれなので、まだ12歳なんですね。
生き生きとした表情の演技が魅力でした。
「プロデューサー」や「完璧な妻」に出演しているようです(記憶にないんですが…)


ドラマの背景になっているのは熾烈な受験戦争で、日本の視聴者から見ると、まったくの絵空事に思えるんですが、韓国の視聴者にしてみると、ある程度は現実に起こっていること、という認識のようですね。
実際、ドラマの中に出てくる秘密の入試コーディネーターは本当に存在しているらしい上に、誇張されているとはいえ、70%は事実、などと言う証言もあるみたいです。https://news.joins.com/article/23231601(韓国語)
韓国に暮らす庶民からすると、自分たちが知らないお金持ちだけが持っている合格の秘法に対する好奇心もあって、より視聴率を上げたのではないかと思います。
韓国でも学力一点評価主義から、日ごろの活動に対する評価を加味するようになっているようなんですが、その活動をバックアップ(と言うよりお膳立て?)するコーディネーターの姿が描かれていたりしました。
実際このドラマが始まってから、受験コーディネーターについての問い合わせが急増したとか、作品意図とは正反対の社会現象も引き起こしたそうです。
建前と本音の両面で視聴者の心をつかんだドラマなのかもしれませんね。

そういう事情もあっての視聴率ですし、学歴に関する考え方がだいぶん違う日本の視聴者には多少共感しにくい部分もあると思います。
そのため、あまり期待しすぎるのもよくないかな、と思いますが、それを差し引いても魅力的なドラマだったと思います。

(story)
SKYキャッスルはチュナム大学病院の医師と判事・検事出身のチュナム大ロースクールの教授たちが集まって住むタウンハウス。
そこにソジンはチュナム大学病院の医師であり教授である夫と二人の娘と共に住んでいます。
彼女は近所の友達ミョンジュが息子をソウル大医学部に合格させたお祝いのパーティーを開くのですが、実は彼女の目的はソウル大に合格した子のポートフィリオを入手すること!
ソジンの上の娘イェソもソウル大の医学部を目指しており、名門高校に首席で入学しています。
けれどもポートフィリオはもらえず、代わりに優秀な受験コーディネーターのジュヨンとの橋渡しをしてもらうことになります。
そんな彼女と長女をあきれたように見ている次女と非協力的な夫のジュンサン。
それに対し、ソジンの意図を見抜き、妻スンへに後れを取った、と激怒するチュナム大ロースクールの教授ミンヒョク。
スンへの家はソジンの家とは逆に、夫が息子たちの教育に異常と言っていいほどの力を注いでいるようです。

しかし、ほどなく息子をソウル大医学部に合格させ、幸福の絶頂期にあるはずのミョンジュは自殺してしまいます。
そして、残された夫は職場もやめてしまい、スカイキャッスルを出て行きます。
入れ違いに引っ越しをしてきたのは地方大出身ながら病院長のスカウトを受けチュンナム大病院の医師として働くことになったチヨンと妻のスイム、そして息子のウジュです。
実はウジュはイェソと同じ高校に彼女と同点首席で入学していたのね。
ソジンはコーディネーターのジュヨンからウジュの母親に連絡を取るように言われ、電話を何度もしてみたのですが無視されています。
それが彼女だったと分かり気まずいうえに、スイムはソジンの過去の姿(実は華麗な経歴は嘘で、アル中の父を持つ貧しい家の出身)を知っていて、別人のふりをして否定したものの危機感を持つソジン。
また。奥様然とした姿の団地の妻たちと違い、庶民的で相容れない感じのスイムを遠ざけようとするソジン達ですが、一人積極的に仲間に引き入れようとするミンヒョクの妻のスンへ。
スンへはスイムの招待を受け、SKYキャッスルで親しくする仲間たちを誘って家に行きます。
そこで、スイムの家で前の住民が残していったもの、と見せられたパソコンを自分が貸していたものだと勘違いし、持って帰るソジンです。
でも、家に戻って開いてみるとミョンジュの日記が入っており、そこには母と息子の葛藤と、それを増幅させていたコーディネーターの姿が書かれています。
読んだ途端、家を飛び出しジュヨンに会いに行き平手打ち、契約解除する、と宣言するソジン。
でも、ジュヨンのコーディを断ったソジンでしたが代わりの人が見つからず、グループでの学習会もイェソの他人を全く思いやらない態度が問題で入れてもらえません。
イェソから懇願され、再びジュヨンにコーディを頼むソジンでしたが、ジュヨンから断られ続けています。
ジュヨンは他の人のコーディネイトを引き受けるふりをして、駆け引きをしているようです。
結局、ジュヨンの方針を完全に受け入れることになるソジンです…
一方、ソジンの夫はチュナム大の病院長の座を狙っている人物なんですが、チヨンが現病院長のスカウトでやって来たことから危機感を抱き、チヨンに対抗心を燃やします。
自分の出世のためにより奔走するソジン夫なのですが、そのことが後になって大きな悲劇につながることになります。

やがて謎のコーディネーターがソジンの家、SKYキャッスルと深くかかわり、やがて一つの殺人事件へとつながって行くのがメインのストーリーです。

そして、サイドストーリーとして展開する、ミンヒョクとスンへの家の話。
ミンヒョクは非常に野心的な人物で、人を蹴落としてもピラミッドの頂点を目指すべきという信念を持ち、子供たちにもそれを強要、支配しています。
でも、スイムの家族が引っ越してきたことと、ミンヒョクの子どもたちの行動からそれにほころびが生じ始め、スンへが徹底的に夫と戦うことに…

こんな感じの話で、ミステリアスなストーリーと登場人物の揺れる心理と、それを手玉に取る人物との心理戦など、今までとは違うタイプのお受験ものでした。
ラストはちょっときれいにまとめすぎたかな、と思える感じで少し不満が残ったのですが、続きがどんどん気になってくる、おもしろいドラマでした。


web拍手 by FC2




by kirikoro | 2019-02-11 23:49 | 視聴済韓国ドラマ | Comments(0)