なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『木香薔薇』花山多佳子歌集


木香薔薇―花山多佳子歌集
花山 多佳子 / / 砂子屋書房
ISBN : 4790409090





途中まで読みかけて、ずっと放っておいた『木香薔薇』をようやく読み終えた。
花山多佳子さんの歌を固めて読むのは初めてのことだったのだが、どうにも
妙な感じになってしまう歌集だった。
なので、変な感想になってしまう。

何が変なのかというと、この歌集を読んでいて、いいな、と思う歌に出会うと、
どういうわけが作者(?)が私の背中にぺったりと貼り付いているような気分に
なってしまうのである。
背後霊のように? イタコになった感じ?

普通、共感する、というと自分の何かが作品と共鳴しあう、といったかんじになるのだが、
この歌の場合、どうにも自分の手足が自分の意志とは関係なく使われててしまったような
へんてこりんな気分なのである。

これって、一般的な感じなのかなあ?
もしかして、ものごとの見方が私と近い人なのかもしれないという気もする。

歌集から。

歯科医院に口あけながら思ひゐる不忍池に蓮(はちす)咲くころ  花山多佳子

大根を探しにゆけば大根は夜の電柱に立てかけてあり

仰向けのウルトラマンが十数体あけぼの山の骨董市に

靴ぬぎて投げることのみ思ひゐる頭が弾(はじ)く大粒の雨

本棚に栞紐いつせいに靡(なび)きたり晴れてゆくらし今日の午後より

水田に横転してゐる特急の写真を見ては和らぐこころ

ストッキング履くとき思ふ縁(えん)の下に覗き見たりし土蜘蛛の巣を

露出した電池が赤い 寝るときはいつもうしろ向きの目覚し時計

思ひ出はそこにあるかと思ふまで白飯そめる紅生姜のいろ

プラットホームの果てに流離の人らをり煙草のけむりそこに集まる

いつまでも喋るむすめに背を向けて春の地蔵になりゆくわれか

なかほどの平たき蛇が夢に出づわが掃除機とかかはりあるや
Commented by やねうらねこ at 2007-05-22 06:34 x
☆希理子さん
 「自分の手足が自分の意志とは関係なく使われててしまったような
へんてこりんな気分」…面白い表現ですね。自分の中に誰か居る…みたいな。これを見て草上 仁とかを連想しました。
 そうそう知人が、大根の歌をすごく気に入って、わたしも確かにいいなと思った記憶があります。

Commented by at 2007-05-22 10:07 x
一度通読したきりで、読み返していません。もう一度読んで見たくなりました。
妙な浮遊感と、妙な存在感とがない交ぜになった感じを覚えます。
ご家族の歌には、ちょっとひねった、ユーモラスな部分もあって、どんな方でしょう、一度お会いしてみたい気がします。
Commented by kirikoro at 2007-05-22 13:19
やねうらねこさん
草上 仁さんって、SF作家の人なんですね。私は未読です。一度読んでみようかしら?
大根の歌。
ユーモラスで、これといった内容のない歌のような顔をしていて、その実、とてつもなものを含んでいる歌ですね。
Commented by kirikoro at 2007-05-22 13:27
文さん

>妙な浮遊感と、妙な存在感とがない交ぜになった感じを覚えます。

うんうん。そんな感じですよね。
わたしの場合、息子さんや娘さんの歌がまた、読んでて変な感じでして、
この息子さんや娘さんがうちの息子に見えてくるんですよね。
(年齢的に近いことや、行動パターンが結構似ているからかとも思いましたが、そういう歌に出会っても、ふつう、「わあ~あるある!」だとか「似てる!」って、思うだけで、こんなに歌の人物と実際の子が区別がつかなくなるような感じは受けませんしねえ。)
ほんとに、どんな方なんでしょう。お会いしたいような、お会いしたくないような…。
Commented by やねうらねこ at 2007-05-22 19:46 x
希理子さん
草上 仁は希理子さんの文章表現から連想しただけで、おすすめとかいうわけではありません。それよりも「世界の果ての庭」なんていかがでしょうか。
やっぱりひとつ電子辞書が必要かなぁ…。

文さん
こんばんは! こちらへ来られることがあるのですね。
Commented by kirikoro at 2007-05-23 00:56
やねうらねこさん
おすすめは「世界の果ての庭」ですか!
まずは図書館を探してみようと思います。
電子辞書は学習には不向きかも知れませんが、ちょこちょこと調べるのには便利ですよ。
一度使い出したら、やめられないです。
Commented by やねうらねこ at 2007-05-23 18:19 x
希理子さん
 草上 仁の世界は気の利いた発想で楽しませてくれますが一応ふつうのSFでしょうね。
 世界の果ての庭はおすすめというよりも、希理子さんがこれを読んでどういう感想を持たれるかに興味があります。(笑)どう解釈したらよいのか、どういうふうに感じるか、謎の多い何か不思議なものがたりです。
Commented by kirikoro at 2007-05-23 18:43
やねうらねこさん
そう言われると、何としても読まなくては!と思います♪
Commented at 2018-11-14 14:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-11-15 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-11-19 06:33
11-14 14:51、11-15 11:08にコメントを下さった鍵コメさん、こんにちは。
こんなひっそりとしたページに目を通してくださり、ありがとうございます。

じつは歌集って、けっこう入手するのが大変なんですよ~
本屋さんではほとんど扱っていないし、発行部数が少ないので、時間がたってから買おうとすると、中古を探さないと駄目だったりします。
後は図書館かなあ?

他にも面白い短歌はたくさんありますので、また、大きな書店などで見かけられたら、ぜひ、立ち読みでも、ご覧になってくださいね。
Commented at 2018-11-20 09:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-11-22 16:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-11-26 07:07
『木香薔薇』記事への鍵コメさん、こんにちは。
入手されたんですね!
よかった♪

>タネムラと読んでた名前がホムラだと云うところからひとりそろそろ

またひとり短歌の森に旅人が来りて鳴らす落ち葉のオルガン    希理子

短歌って、おもしろいでしょう?
読むだけでなく、作るとますます面白いんですよ♪
ブログの方では短歌のことはほんとに書かなくなってしまいましたが、私も今でも作り続けているんです。
短歌の話も大歓迎ですので、どうぞ、非公開lコメントを外して、また、お話も聞かせてくださいませ♪
Commented by kirikoro at 2018-12-03 08:20
雨さん、こんにちは。
エキサイトのブログではkirikoroでしか登録できなかったのですが、本来は希理子だったんですよ~
希理子の名前で呼んでいただけるのはとっても嬉しいです。短歌のペンネームも村本希理子でやっていますし♪

古い記事の中から探し出してくださって、ありがとうございます。
日常の中ではすっかり埋もれていたものですが、やっぱり消さないでおいてよかった♪

最近、お片付け関連の話で、自分が管理できない量の物は持たない、というのがあって、なるほどなあ、と思っていたのですが、確かに機能的ではあるんですが、発見の喜びもなくなっちゃうのよね、と、雨さんとのやり取りで思ったりもしました。

大量のごみに紛れて思い出が 家の整理は発掘に似る  希理子

私も、この方はこれをどのように思うんだろうか、などと思うことがよくあります。
そういうところで人間は繋がって行くんでしょうね~

「アシュラ」「コンフェッション」はどちらも未見なんですが、予告編を見ると、確かにチュ・ジフンの姿に驚かされます!
作品がヒットして人気が先行していた感のある彼も、いつの間にか実力派になっていたんですね。
ドラマでは「仮面」や「メディカルトップチーム」で見ていたのですが、この人、映画の方が合うのかもしれませんね~

短歌の話題ですが、NHKの教育テレビで短歌の番組があることはご存知でしょうか。
http://www4.nhk.or.jp/nhktanka/
日曜の朝6時(火曜昼3時に再放送)からの番組なんですが、選者ごとにカラーが違っていて、おもしろいかも。
私も一応見ようと毎週録画はしているのですが、最近では、更新設定にしているので、ついつい見逃したまま次の週になってしまっていますが(汗)
Commented by kirikoro at 2018-12-17 09:57
雨さん、こんにちは。
「雨ゆ」さん「うゆ」さん、どちらも素敵ですね♪
同名の方って、たいがいいらっしゃるんですよね~
でも、年齢不詳っぽい感じもあるし、あまり気にされなくてもいいんじゃないですか。
実は私の本名、小さい子に多い名前で(キラキラではないけれど)本名だと若作りしているみたいに見えちゃうんですよ。

私はブログの書き込みはパソコンからなんです。
スマホはハズキルーペをかけなければ見えなくて(汗)面倒で…
少し前まではパソコンからご覧になっている方々が多かったんですが、あっという間にほとんどの方がスマホでご覧になる時代になっているんですよね~
とてもついて行けません。
NHKは最近とっても強気ですよね!
権力をバックに強気に事を進めるのはやめていただきたいです。
月刊誌の方は私は角川の「短歌」を買うことが一番多いかな?
「短歌研究」もぼちぼち。
以前は定期購読していたんですが、読まないで溜まる一方なんで、最近では楽天ブックスで(楽天市場でポイントを溜めているので)特集を確認して、興味がある時だけ買う感じです。
投稿欄もありますから、気に入った方が選者をなさっているのを探して購入するというのもいいかもしれません。

色褪せぬうちに干す花 非道なる行ひいつも直視できずに  希理子

「うろくづ」そういえば、長く忘れていた言葉でした。
Commented by kirikoro at 2018-12-18 00:43
雨さん、こんにちは、

残念ながら、それは私の歌じゃないです~
というか、最初の頃は新聞や短歌誌に少し投稿などもしていましたが、いまはもう、会員になっている同人誌に歌を出巣だけでいっぱいいっぱいです(汗)
Commented by kirikoro at 2018-12-19 12:30
雨さん、こんにちは。

こちらは全然異常ないですよ!
たぶん、お使いのパソコンの不具合じゃないかと思いますので、削除はしなくても大丈夫ですよ!
Commented at 2018-12-19 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-12-19 12:34
雨さん、深く考えずに公開してしまい、すいませんでした。
数分だったので大丈夫ですよね。
Commented at 2018-12-19 12:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirikoro at 2018-12-19 21:10
雨さん、こんにちは、
朝は失礼いたしました。
あせってしまい、メルアド、保存せずにコメントを消去してしまいました(汗)
お手数ですが、もう一度非公開コメントで送って下さると嬉しいです!
Commented at 2018-12-20 06:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kirikoro | 2007-05-22 00:04 | 読んだ本・聴いたCDなど | Comments(23)