人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:途中放棄のドラマ( 9 )


今年の挫折ドラマ


今年のドラマ、ベストテンはまだ、2本残っているので、少し先になりますが、最近、途中で視聴を挫折したドラマについて、まったく書いていなかったので、今年1年分をまとめて…。

中には早々に止めたものもあるのですが、ここでは4話以上見たものだけの報告です。

一番最近のものでは「千日の約束」
キム・レウォンの除隊後復帰作として話題になった、ヒロインがアルツハイマーを発病するドラマ。
面白くなるかしら?と思いつつ、14話まで見たのですが、まるで面白いと思わないところに、見たいドラマがたくさん出て来たのでストップしました。
このドラマは日本で放送されても、まず見ないと思います。

脚本はキム・スヒョンなんですが、この作者さん、人物がいかにもドラマに出て来そうな人たちで、類型的なんですね。
「美しき人生」のようなファミリードラマでは、そういう類型的な、いかにもドラマ的な人たちの中に起こる今日的な問題が面白かったのですが、恋愛ドラマでは、どうにも古臭く感じてしまってダメでした。

2本目は、一度は記事にしたシットコムの「ハイキック!短足の逆襲」ハイキック3ですね。
ユン・ゲサン、ソ・ジソクが出演と、若手の登竜門と言われるシリーズにしては豪華な主演陣で、それなりに面白くは見ていたのですが、1話が短いとはいえ、平日毎日の放送で、ついつち貯めてしまっているうちに、おいつけないところまで来てしまいました。
このドラマは、テレビで気軽に見たいですね。
これは地上波でやってくれたら、再挑戦すると思います。

少し前にギブアップしたものは「いばらの鳥」「ロイヤルファミリー」
ふたつとも、欲望で動く人が出てくる、ドロドロ系なんですが、ちょうど、これを放送している頃、わたしはちょっと、こういうテイストのものを受け付けない心理状態になっちゃったもので…。
これらは、縁があれば見るかもしれません。

*(追記)これは結局、テレビで放送されたときに見ました。
どちらも面白くて、結果的に、テレビのカット版の視聴の方がよかったように思います。

「ミス・リプリー」も、3分の1ぐらい見たところで、やはり挫折。
ストーリーはこの後どうなるんだろう?と気にはなりつつ、男性主演陣があまり好きじゃなくって、ついつい後回しにしているうちに、終ってしまっていました。
これは、再挑戦するかどうかは微妙なんですね。
主人公がダメでも見続ける価値があるようでしたら、教えてください!


次に、テレビ等で見ていて挫折したものは
1、「愛もリフィルできますか?」
キム・ヒョンジュンが出演、ということで見始めたんですが、何が面白いか分からず…。
2、「千秋太后」
週1話放送だったのですが、このペースだとなかなか話が進まないんですね。
その上、ヒロインの若い頃のキム・ソウンは可愛かったんですが、チェ・シラが強烈で…。
でも、」このドラマはわりと面白かった、という評判も聞いているので、GyaOなどで週2話以上のペースでやってくれれば、たぶん再挑戦すると思います。

こんなところかな?
もしかして、すっかり忘れてしまっていて抜けているのもあるかもしれませんが…。

そして、テレビで視聴していて、今ギブアップしそうなものも、もう1本。
それはチョン・イル主演の「美賊イルジメ伝」
ナレーション多用のスタイルが、斬新なのかもしれないんですが、どうも、テンポが悪くノレないんです。
その上、チョン・イルもまだ、彼の魅力を発揮できていない頃の作品って感じかしら。
いまいちなんです…。
5話まで見たところなんですが、面白くなるかしら?
by kirikoro | 2011-12-28 23:19 | 途中放棄のドラマ | Comments(4)

「グローリア (글로리아)」は6話で落伍です_d0060962_2358448.jpg


MBCの週末ドラマ
グローリアはやはり、途中下車です。 

50話予定のドラマを6話まで見ただけで何か言うのはどうか、と思いますが、最初のあたりの印象、と言うことで、ご理解ください。
これぐらいの長さのドラマだと、10話過ぎたあたりから、面白さが分かる、なんてこともありますから。

「産婦人科」で素敵!と思ったソ・ジソクが主演(あるいはNo.2?)だし、ソ・イヒョンも好きな女優さんだし、と、少しばかり期待していたのですが、なかなか話が進まないんですね。
どこか、ちょっと古臭い感じもするし。
その間に興味をつなぐ要素も見つけられなくって…。
視聴率も10%にちょっと届かない感じ。

ヒロインが歌手となる話なんで、歌が結構重要だと思うんですが、そのヒロインを演じるぺ・ドゥナの歌もね、あまり引き付けられませんでした。
まだ、歌い始めたばかりの素人だからうまくなくてもいいんですが、何か魅力がある、と思えなければ、ちょっとつらいんですよね。
その上、同じ歌物、と言うことでキム・ジョンウンの「私は伝説だ」とも比べちゃう。

More
by kirikoro | 2010-09-10 00:07 | 途中放棄のドラマ | Comments(13)

途中放棄のドラマ 2本


1本め、「結婚してください(결혼해주세요)」は12話でストップです。

一番の理由は、時間がないから。
そうでなくてもいっぱいいっぱいで、このドラマは後回しになっていたんですね。
追いつけるか、と思っていたのですが、、お盆にちょっとお出かけしてた上に、GyaOが大量に新しいドラマを始めたりするから…。
それも、わたしが見損ねていたものが3本もあるじゃないですか。

なので、リタイアすることにしました。
12話までは見たんですが、ファミリードラマのうちでも、ちょっと、趣味が合わない感じだったんですね。
面白さが見えてこなかったって感じかな。

以前に6話までの感想とあらすじを書きましたが、一番メインとなるのが危機の夫婦とその妻の自分探しになるのかな?
私が見たところではまだ、出て来ていなかったのですが、ヒロインは歌手になるらしいです。

ヒロインが好みだったらそれでも見続けたんじゃないかと思うのですが、彼女も好みじゃないしね。

7話以降の動きを少し補足すると。
若い無職の男の子と箱入りお嬢さんの話はその後、お嬢さんの妊娠しちゃうのね。
そのドタバタがあったかとおもうと、その彼女のお母さんが男の子のお父さんの初恋の人だったのですが、お父さん、その女の人の周りをうろうろしているのがバレて、その妻がショックを受けて、なんてことが出てきます。

そしてもう1本。
途中放棄のドラマ 2本_d0060962_122167.jpg


More
by kirikoro | 2010-08-19 01:03 | 途中放棄のドラマ | Comments(2)

『神と呼ばれた男 (신이라불리운사나이)』リタイアです_d0060962_20183812.jpg

『神と呼ばれた男 (신이라불리운사나이)』は8話までは見るには見たんですが、ギブアップです。

理由は以前の記事に書いた見始めた時の感想から抜け出せなかったから。

現代物でも、このドラマのようなヒーローものはこのドラマの世界に入れるか、入れないかがドラマの印象を大きく変えると思うんですが、私は、だめだったんですね。
私には、ちっともカッコよく見えないんです…。
小道具にしても、詰めが甘いのかなあ。
例えば、仮面をかぶるところがあるんですが、仮面をかぶっているところはいいんです。
でも、仮面を脱いで、頭の上につけているシーンになったら、とたんにお間抜けに見える…。

視聴率はスタート前に期待されたほどではないにしても、10数パーセントはとってますから、全く人気がないドラマって訳ではないんですが。

お話はちょっと散漫かなあ。
これ、カット版になると、もう少し締まるような気もするんですよね。
運よく地上波で放送されることになれば、また挑戦するかもしれませんが、今のところ、余裕もないし、見るにしてもカット版の方がよさそうな予感もあるので、とりあえず、リタイアです。
再挑戦の可能性はそんな訳で、ゼロではありませんが。

4話までのあらすじは、一応書いていますので、ここに載せておきますね。

More
by kirikoro | 2010-04-12 20:43 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

『タンポポ家族(민들레 가족)』は見るのをやめます_d0060962_16334510.jpg

MBCの週末のドラマ『タンポポ家族(민들레 가족)』は6話まで見るには見たんですが。
ついつい後回しにしてしまって、追いつけません…。
結局は、あまり興味の無いジャンルのドラマ、ということなんでしょうね。
すっぱりとリタイアします。

ファミリードラマの中でも、親子や夫婦の問題がほとんど、というドラマなんですね。
ラブストーリーの部分は一家の末娘を演じるイ・ミンジとカメラマンを演じるキム・ドンウクのパートなんですが、ものすごく、扱いが少ないです。
契約結婚か?というところから、全く動きません…。

結婚するような年ごろの子を持つ夫婦の心理に興味があれば、面白いドラマなのかもしれませんが、私は全く関心がなくって、やめることにしました。

あらすじは一応書いていたので、アップしますね。
4話まで(だと思いますが、もしかしたら、3話までかも)

建築会社の専務を務めるパク・サンギル(ユ・ドングン)には妻のキム・スッキョン(ヤン・ミギョン)と3人の娘がいます。上の娘ジウォン(ソン・ソンミ)は頭も性格もよく、母親の自慢の娘。人もうらやむ素敵な歯科医のミン・ヨンソク(チョン・チャン)の元に嫁いで8年。でも、何かと言うと実家に顔を出し、母親を助ける優しい娘なのね。その上、夫からは高級な差し入れなどが届きます。
対照的なのは次女のミウォン(ミア)。優秀な姉の下、劣等感を抱いて生きてきた問題児なのね。親の反対を押し切り、同棲して子供ができて結婚、夫は定職につけなくなくって、家の中もごちゃごちゃ。
久しぶりに実家に顔を出しましたが、お姉さんの旦那さんからの立派なお弁当を皆が食べている最中で、途中で買ってきた、お母さんの大好物の鯛焼きも渡せないで、また、喧嘩して帰っちゃいました。
末娘のヘウォン(イ・ミンジ)はデパートのバイヤーをしている気さくな娘。
今日、娘たちが集まったのは餃子作りのためなのね。お母さんはお父さんの会社の副社長のお宅に一年の節目節目に餃子を作って届けているのね。というのも夫の昇進の手助けになれば、と思ってのことのよう。
そして、今度が社長になる、最後の機会なんだけど、どうやら今度は大丈夫そうです。というか、夫が社長になることが彼女自身の夢になってしまっているのね。
ところが、どうも、副社長が心変わりをした?と思われる状況になってきました。不安に思ったスッキョンは友人のピルナムのアドバイスに従って宝石を贈るんだけれど、それが突っ返されちゃう。

そして、お父さんは社長にはなれなかったのね。様子を見に行ったへウォンはがっかりしているお父さんの後ろ姿を見て、言葉をかけずに立ち去ります。
さて、その後立ち寄った銀行の窓口の隣席で金策をしていたイ・ジェハ(キム・ドンウク)と目が会います。
彼、カメラマンで事務所を運営しているんですが、その資金難に直面しているのね。実家のお父さんに頼みに行ったところ、2週間以内に花嫁候補を連れて来ないことには、資金援助どころか、それまでの出資分も返してもらう、と。
ジェハは全く結婚には興味がない、というか、結婚は必要ないと思っているんだけれど。
困ったジェハ、思わず、ヘウォンに2週間以内にプロポーズを受けてくれる女性はいないか?なんて聞いてあきれられます。

ジェハ、ますます困っています。
長女のジウォンは子供が欲しいのだけど、恋人のように過ごしたい夫なの。
これに限らず、人も羨むような結婚生活を送っているジウォンですが、本当のところは、ちっとも幸せじゃないの。
夫の意向に会わせるだけの生活に爆発寸前です。
そして、父親の誕生パーティに家族がまた、顔を合わせます。母親は、また、ミウォンとの行き違いで、ミウォンを傷つけちゃう。
ミウォンの一家は立ち退きを迫られているんだけれど、お金がなくってどうしようもない状態。
へウォンは仕事はうまくいっているんだけれど、まわりから妬まれて、妻子持ちの上司と出来てるみたいなうわさを広められているのね。
夫の退職までに末娘の結婚を決めたいと思っている母の元にまで、そのうわさが耳に入って、ヘウォンはすぐにでも結婚させられそうな雰囲気になっています。
by kirikoro | 2010-03-14 16:29 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

まず、一つ目はチェリムと、オム・ギジュンが主演の『よくできました(잘했군 잘했어)』。
26話まで見たんですが、これはもう、ヒロインいじめのドラマとしか言いようがなくって。
しかも、設定の強引さも目立ってきたので、もう、限界。
『君は僕の運命』とおんなじ匂いがします。
막장 드라마(マクチャンドラマ=どん詰まりドラマ)にはしない、という話だったのに、どこが、という感じ!
スタート時は明るい感じのドラマだと思っていたのに!
オム・ギジュンが演じる、チェ・スンヒョンというキャラはなかなか魅力的だったんですけどね。
それと、キム・ジョンファのダンスはめっちゃ、かっこよかったです。
『よくできました』と『チング、愛と友情の絆』はリタイアです_d0060962_17115721.jpg

もう一本のリタイアドラマは『チング、愛と友情の絆』(原題は친구-우리들의 전설 友よ、俺たちの伝説)。
わたしはリタイアを決めるのは最低でも1話、だいたいは4話まで見てから、と決めているのですが、これは、1話の途中でギブアップ。
ヤクザの話なんですね。な~んか、ものすごく古臭い感じ。ヤクザドラマ自体が嫌いっていうのもありますが、これはまるで受け付けませんでした。
ヒョンビン、キム・ミンジュン、ソ・ドヨン、と、男性出演者たちの顔ぶれがなかなか魅力的だっただけに、残念です。
『よくできました』と『チング、愛と友情の絆』はリタイアです_d0060962_17144883.jpg

もしかして、このムサクルシさがいやだったのかも…
by kirikoro | 2009-07-02 17:17 | 途中放棄のドラマ | Comments(2)

MBCの土日ドラマの『ストライク・ラブ(2009 외인구단2009外人球団)』は4話まで見たんですが、これは、ちょっと見続けられません。
野球と恋愛のお話のようです。
ユン・テヨンとキム・ミンジョン主演ということで、少し期待したんですが。
なんか、古臭くて退屈、って感じです。

まず、1話と2話では主人公たちの子供時代の話なんですが、ヒロインは転校生で、短い期間をそこで過ごし、また、転校していく、というパターン。もちろん、初恋物語。
で、3話になって、主人公のふたりが再会するのね。で、ヒロインのそばには子供時代からのライバルがいて、彼は、すでに成功者のなっています。そして、家族丸ごとあれこれ面倒見ている。『4月のキス』と同じ設定じゃん。
そして、再会したとたん、ヤクザに追われる主人公。お父さんが問題なのね。殴り合いのシーンの連続です。
で、男性主人公とライバルは恋でも野球でもライバルで。
このあたりはビジネスマンが読む漫画って感じです。もともと、漫画が原作だそうですが。

こんな感じなんですね。

それにしても、ユン・テヨンって、恵まれない子供時代を送った男の役が多いですよね。なのに、実生活ではサムスン電子の副会長の息子、という話なんで、相当のお坊ちゃま…。
by kirikoro | 2009-05-12 01:00 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

「愛は誰でも~」は、面白くなくってリタイアしましたが、なかには、面白いのに、泣く泣くリタイア、というドラマもあります。
動画サイトで見ているドラマでは、時に。
一応、全部あることを確認してみ始めるのですが、実際に見てみると、リンクが切れていたり、音声が入っていない動画だったり…。

このドラマも、そんな1本。
全8話の6話まで見たところで、残りがどうしても見つからない…。
わりと面白く見ていただけに、残念です。
悔しいことに…「マッチャン」_d0060962_905378.jpg


1 to 1~マッチャン~(맞짱)
tvN開局2周年記念製作ドラマだそうです。全8話。
マッチャンとは韓国語で1対1での対決を意味するらしく、日本語ではタイマン、に当たるのかな?

「不良カップル」でヒロインの友人の偽恋人を演じたユゴンの主演ドラマです。
「不良カップル」では、甘いマスクを生かした役柄だったので、格闘家のユゴンってどんな感じ?と思って見始めました。が、格闘家のユゴンもよかったですが、おどおどとした情けないサラリーマン姿もある意味可愛かったですよ。
カン・ゴン(ユゴン)の父親(オム・テウン)はボクシングの選手だったのだけれど、カンゴンが子供の頃、試合中に死んだのね。兄のカン・ジンはやはりボクシングの選手となったのだけど、ゴンは争いごとは避けて育ってきた、平凡というより、情けないサラリーマンなの。ところが、好きな彼女を守れなかった自分のふがいなさを情けなく思っていたところに、偶然目にした街角で行われる格闘技の試合を目にするの。そして、格闘技に目覚め、ファイターとして成長していく話のようです。
この、カン・ゴン、格闘技の実力をかなり身に付けた後も、普段はずっと、おどおどとした会社員を続けるのね。そのギャップもなかなか面白いです。

リアルアクションという触れ込みで、対決シーンでは、細かい指示を出さず、本人たちの演技に任せ、リアルなkんじを出そうと狙ったらしい。でも、わたしは格闘技とか、あまり見ないので、その効果のほどはわかりませんでした。
また、オム・テウンとイ・ヨンジンの現実に恋愛関係にある役者さんの競演、ということで話題になったようですが、オム・テウンは死んだ父親役ですからねえ。同じドラマに顔をそろえた、というだけで、絡むところは全くないようです。無理やり話題にしたって感じね。

何とか、残りを見られればいいのですが…。
by kirikoro | 2009-03-19 09:09 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)

わたし、わりと我慢強い方で、見始めたドラマはだいたい、ずるずると見続けるのですが、中には途中で、これはあかん!と視聴を止めるドラマも中にはあります。
でも、何話か見て、そのままギブアップするのも、何だか悔しい気がするので、新たに「途中放棄のドラマ」のカテゴリーを作って、視聴を止める理由などを書いて、記録しておこうと思い立ちました。

その一番目となるのがこのドラマ。

愛は誰もができるか(사랑은 아무나 하나)
4話まで見ましたが、脱落です。
四姉妹を中心とした家族ドラマのようなんですが、そのうち二人が既婚者で夫婦仲があまり良くない、という設定なのね。
このあたりは全く興味が持てない上に、次女の(演じているのはローズマリーのヒロインだったユ・ホジョンです)息子に対する、いわゆる教育ママのスタイルにイライラしちゃう。
期待はハン・ゴウンが演じる未婚の母をめぐるドラマだったんですが、なんだか、とってもハイテンションでコメディというより、ギャグの乗り…。
前の「ガラスの城」が暗かったので、明るくていいかと思ったんですが、明るいというより、ドタバタ。
実の父親やら、新しい恋人が、という展開になるのでは、と思われるのですが、四話まででは、全くその気配はなく、父親のふりをしてもらっている老人とドタバタを繰り剥げているばかり。
ユン・ダフンも苦手だし、(ハイエナの時と同じような感じのキャラです)視聴意欲が全く湧きません。

だれか、予想外におもしろくなったら、教えてください♪
by kirikoro | 2009-03-17 11:36 | 途中放棄のドラマ | Comments(0)