人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


とうがらしな日常


韓国料理教室に行って来た。
3回講座の第1回目。
うちの市ではオープンキャンバスと言って、市が講座の先生と受講者の奏法を募集する、いわば仲人システムが存在する。
市にとっては講師料を支払わなくても済むと言うメリット、先生側は生徒募集をタダで代行してもらえるというメリット、受講者は安価で講座を受講できるメリットがあるって訳。市の財政難からの苦肉の策で始まったのだろうと思うけれど、まあ、なかなか悪くないシステムだわな。

で、講座に集まったのは全部で14人。
それがねえ、韓流ブームってこんなのか、というのがちょっと垣間見ることができたような気がする。
同じグループになったのは私の他に3人いらっしゃったんですが、ひとりは、韓国旅行に嵌まっていると言う人で、まあふつう。もうひとりはクォン・サンウが好きで、なんかのイベントに埼玉まで行って来た、と言っているし、もうひとりの人は武道館までピ(レイン)のコンサートに行ってきたとか。他のグループでも、ペ・ヨンジュンの追っかけをやっているという人なども・・・。年齢もいろいろですねえ。20代だろうと思われる方から70代かな?と思われる人までがそれぞれに・・・。
孤独に韓ドラを見ているわたしとしてはこんな熱気には縁がなかっただけに、これが世に言う・・・と、納得してしまったのでした。

ところで、話は変るけれど。
わたし、以前に辛いものが苦手、と書いた記憶があるのですが、今日の料理の試食で驚くべきことを発見!
わたし、辛いもの、かなり平気みたいというか、好きになっているみたいです。
辛さには慣れるというけれど、数ヶ月で私の舌はかなり鍛えられたようです。
その事実に少し不安になって、今日の夕食時に夫にもしかして、最近の私の料理、辛すぎる?と訊いてみたところ、辛くはないが、毎日おんなじ味はちょっと・・・とのたまう。
いや、毎日はしてないですよ。(今は)
それにおんなじ味?! ハァッ??!
で、夫には同じ唐辛子を使う料理と言っても、いろいろバリエーションがあって、なんぞ、えらそうに講釈していたりする。
まあ、こんな日常だから、短期間に舌が慣れたとしても決して不思議はないわな。
by kirikoro | 2006-08-29 00:35 | | Comments(2)

青い影 といっても


プロコル・ハルムの話ではない。
・・・プロコル・ハルム自体を知る人はほとんどいないか・・・。
(注:プロコル・ハルムはイギリスの昔のバンドで、『青い影』はその、1967年のデビューシングル。)

日没後のほんのひととき、トンネルの入口近くのオレンジの灯に照らされて出来る影が青くなるのだ。セロファンを通した光のような青で、幻想的に美しいのである。これを見たさに、時間を見計らって、でかけたりすることがあるぐらい。
日没後に残る赤色光の影響で、こんな色になのかなあ。不思議。

その近くでは、今日、近くでは第一回の稲刈りが行なわれたらしく、市道沿いのガードレールには稲藁が掛けられ、干されていた。この、稲藁の甘酸っぱい匂い、かなり好き。
葛の花も、今年初めて見た。この花を見ると、夏休みも終りだなあ、と毎年思う。
もう、秋なのね。わたしがぼーっとしている間に。

ぼーっと、と言えば。
今日、朝、9時ぐらいに、ふと朝ご飯の後の薬(歯医者さんの薬です。ご心配なく!)を飲んでないかもしれない、と思い始めたのだが、どうにも、2時間も経たない前の記憶が定かではない。
しょうがないので、もらった薬の残量を調べて確かめようと、数えて見たのだが・・・。
どう考えても、今朝以外にもう一回、飲み忘れている。
たった三日分の薬がちゃんと飲めないのか。わたしは。
相当ボケが来てるよ・・・。
なさけないことです。

参考までに…
青い影+4
プロコル・ハルム / ビクターエンタテインメント
by kirikoro | 2006-08-24 19:46 | Comments(0)

気がつけば、もう、こんなに日にちが経っているのね。
で、いきなりこんな話題も何だかなあ、と思うんだけれど・・・。

美容だとか、ダイエットだとかって、ほんとにつぎつぎともっともらしい説が出て来るんだけれど、また、朝鮮日報のサイトを見ていて、こんなのを発見。
(翻訳サイト経由なので日本語がちょっとおかしいですが、内容は分ると思います)

機能性ブラジャーで寄せて上げてまでは分るけど、そこでお肉を固定、と言う話は眉唾だとは思ってましたよ。
だけど、ブラジャーは形が崩れるのを防いでくれるのだとばかり・・・。
そうか。ノーブラでいいのか!
ばかみたいよね。苦しい思いをして意味がないなんて。
とはいうものの、わたし、実は、ほとんどしてないんだけど。
(もちろん、見て分らないようにはしてる)

あと、最近の美容関係の常識で疑っているのは
「化粧品で水分を与えて、乳液やクリームの油分で蓋をしてやる」というやつ。
なまじ科学っぽい言説と、都合のいい絵がさっとイメージできるあたりがあやしいと思うんだけど。
by kirikoro | 2006-08-23 01:13 | Comments(0)

空耳キューティハニー


題詠100首、久しぶりにアップ。
その中で使った素材なんですけれど、
韓国版キューティハニーの空耳フラッシュが話題になっているようです。

>田代、田代、田代ちゃんと亡命しろHoney Flash!!

って、たしかに、聴こえる・・・。

韓国語のちゃんとした歌詞の方は、かなり日本語の歌詞と近いような気がするんだけど。
by kirikoro | 2006-08-12 22:21 | Comments(0)

神代文字のような



d0060962_19275348.jpg朝からはんこを探して、あちこちを整理している。
(いまだ、見つからず・・・どうしたもんかなぁ)
机の上には、訳のわからないメモが山済みになっていたのだけれど、その中に、神代文字のようなハングルのメモを、発見!
これは。
6ヶ月ちょっと前、ハングルを始めるきっかけっとなった文字列だわ。
最初にはまった「夏の香り」の最終回のラストに流れたテロップを一生懸命写したんだっけ。
その時は文字自体を知らなかったので神代文字のようなかたちになってるのね。分かち書きの位置も間違ってるし。
でも、その不完全な文章、今見ると、謎の2文字(書き写し間違えている)を除いて、全部意味が分るじゃないですか。
ちょっと、感動してます。

ところで、韓国ドラマ、最近見る本数が減っていたのですが、日曜日からGyaOで、毎日更新で4本始まってしまいました。
名前をよく聞く「パリの恋人」と「美しき日々」それに、「太陽に向かって」と言う、クォン・サンウ主演のも面白そうだし、今までのところのわたしのベストワンの「バリの出来事」と、どれもはずせません。
その上、テレビでも、金曜日から、週1で今まで見ていなかった時間帯に「秋の童話」が始まります。
どこで時間を捻出するか、むずかしいなあ。
歌集を読む気分も戻ってきたので、そちらも時間が欲しいし・・・。

この高温下、夕方になると機嫌の悪くなる(たぶん、室内温度は40度を越えてるだろうと思う)パソコンに不安を抱えつつ、こまったちゃんの日々は続くのである・・・。
by kirikoro | 2006-08-07 19:27 | 韓国語 | Comments(0)

d0060962_053868.jpg
洗濯機で煮洗いができたら、便利だと思う。
何度か、煮洗いはしたことはあるけれど、面倒なのね。
白いものなんかだと、気持ちよくすっきりとなるんだけど。
鍋も食べ物用とは別にしたいし。

で、タイトルの商品。
こんなのがあればいいな、と思うのだけれど、残念ながら、日本の話ではない。
今日のラジオハングル講座に出てきた話題なのよ。
日本では、日常的に洗濯もの煮る習慣はないから、商品化されないのだろうなあ。
しかし、どうやら、韓国では一般的なものらしい。全自動洗濯機をチェックしてみると、煮るコースつきの洗濯機はかなり多く出ているみたい。(翻訳にかけると「煮り」コースになっちゃってますけど)人気の機能なのね、きっと。(こんな感じ翻訳サイト経由

おお! 95度で洗える! これだと本格的に煮洗いだなあ。
主婦としては、電気代が気になるところですが、じっさいどうなんでしょうね。

テキストによると、石鹸の匂いはかなりすごいみたいだけれど、それもどんなもんなのかな?

・・・いやいや、調べたところで我が家に導入ってわけには行かないんですけど・・・。
by kirikoro | 2006-08-05 01:16 | Comments(2)

ジ・イレイザー
トム・ヨーク / ワーナーミュージック・ジャパン

しばらく前から、このradioheadのトム・ヨークのソロアルバム、「THE ERASER」を聴いていたのだが、なかなかぴんとこなかったというか、なんと言うか。
エレクトロニカ特有の乾いた軽さが、どうもトム・ヨークと合わないような違和感を感じていた。
ずっと、しっくり来ないなあ、と思いながら聴くこと数週間。
(ここで放棄していないのは、たぶんわたしの聞き方に問題があるのでは、という思いがあったせいなんだろうな←結果として、そうだった訳だけど)
ところが数日前に、たまたま2曲目から聞き始めると、突然、いい感じに聴こえて来たのね。1曲目がたまたま、わたしととくべつ相性が悪かったのかなあ。
他がいいな、と思えたら、問題の1曲目もよく聴こえてきてね。
1曲目はトムの唄い方も中途半端に軽い感じがして、受け容れ難かったのだけれど、なじんでしまえば、それも魅力と思えるような気がして。

全体に、映像的な印象が強いです。わかりやすい音楽と言っていいのかな。
ドキュメンタリーのバックに使うといいだろうな、なんて曲もあるし。

「Amnesiac」ほどは好き!ってことはないけれど、レディオヘッドの音楽と比較して、遜色はないできだと思います。レディオヘッドより素直な表現をしているのかも。
by kirikoro | 2006-08-04 00:26 | 読んだ本・聴いたCDなど | Comments(0)