なんじゃもんじゃ kirikoro.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

 韓国ドラマ中心のブログです。ネタバレ内容を含むコメントはあらすじの「きりころじっく3」の方にお願いします。


by kirikoro
画像一覧

次回いちご摘み


お暑うございます。

8月4日のいちご摘みは終了いたしました。

次回は
  8月18日(木)午後10時~12時の予定です。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どうぞ、よろしくお願いいたします
[PR]
# by kirikoro | 2005-08-05 15:15 | イベント | Comments(0)

エミール・ガレ展


d0060962_2234070.jpg

今日は、30分に1本の電車に乗って、1時間に1本のバス(マイクロバスだよ!)に乗って、エミール・ガレ展に行ってきた。
市内だから、近いはずなんだけどね。
初期作品から晩年のものまで、ガラス器の他にも陶器や家具も展示されており、200点をこす規模はなかなかのものだと思う。

しかしだ。実用品をガラス越しや、ロープに区切られて見るというのはどういうもんかなあ。使われているところでこそ、真価が発揮されるもののようにも。
正直なところ、写真の方がいい気が・・・。
贅沢を言うならば、所蔵されている方の御宅で、手渡しされて「これが自慢のガレなんですよ」なんて聞きながら、手にとって眺めたいものです。

とはいうものの、その中でも見てよかったな、というものも、何点かはもちろんあった。
わたしが好きなのは「悲しみの花瓶」と名づけられた一連。
そのなかでも一番よかったのが、これ。(これは写真より実物がいい)
日本の墨絵の影響を受けたという、黒から褐色のほとんどモノクロームの中にいくつもの色を潜ませていて、しみじみと、いいなあ。

お近くの人は、行って損はないと思うな。
会期は8月31日まで。
[PR]
# by kirikoro | 2005-08-02 22:37 | イベント | Comments(2)

●次回のいちご摘みは8月4日(木)10時からです。
 よろしくお願いいたします。

  会場=こたつにみかん
  掲示板=いちごばん
  ・両方のスタンドアップ、お願いいたします。
  (予備の会場=いちごちゃっと・・・こたつにみかんが使用できない時はこちらに)

★いちご摘みのルールは こちら

●牧野芝草さんのところのマラソン出詠歌の1首批評会の受付がもうすぐです。

以下、転載します。
----(以下転載歓迎)----

こんばんは。牧野芝草です。

題詠マラソン2005に出詠された歌の批評会・勉強会を下記の要領で行います。
みなさまのご参加をお待ちしております。

  *

(日程)
・参加受付     :2005年8月3日(水)22:00 - 8月4日(木)22:00
・批評会(意見交換):2005年8月5日(金)20:00 - 8月7日(日)20:00
・勉強会(感想戦) :2005年8月7日(日)20:00 - 8月9日(火)00:00

  ※ 勉強会期間は、作者の自作自解をもとに「その内容を  ※
  ※ 読み手に伝えるためにはどのような表現が適当なのか」 ※
  ※ 等を参加者どうしで考えるための意見交換期間です   ※

(会場)
求古尋論 

(参加資格)
・題詠マラソン2005に参加受付しめきりまでに自作を出詠された方
(題詠マラソンに出詠・参加していない方でも、
 批評会に出された作品へのコメントはできます)

(参加方法)
・題詠マラソンに6月29日以降参加受付締め切りまでに出詠した
 自作の短歌一首(完走者は百首のうちの一首)を、
 批評会会場の参加受付書き込みへの返信として
  004:淡 あの日から六十年も経ったから(舵はおもかじ)淡々とゆく 牧野芝草
 のように、それぞれ「番号:お題 (あれば詞書)短歌 作者名」でお書きください。
 ※参加受付終了後に主催者(牧野)が歌の一覧とそれぞれの歌ごとの記事を立てます※
・批評会が始まったら、歌ごとの記事に返信として批評をお書きください。

(注意事項)
・参加者は、批評会期間中に最低一回はコメントをお書きください。
・批評会期間中は、自作へのコメントはお控えください。
 ※勉強会期間は自作へのコメント(自作へのご意見に対するレス)もOKです※
・公序良俗に反する書き込みは事前の断りなく削除します。

なお、この企画は、題詠マラソン2005の一参加者である牧野芝草が個人的に行うものであり、
題詠マラソン2005本体のスタッフの管理下にあるものではありません。
この企画へのご意見・苦情等は牧野芝草に直接お寄せください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

----(以上転載歓迎)----
[PR]
# by kirikoro | 2005-08-02 21:59 | イベント | Comments(0)

ブッドレア、だった


d0060962_1820162.jpg


(画像は「秩父宮記念公園 アピールホームページ」からお借りしました。)







数年前、家の近所の空き地で見つけた花の枝を挿し木したものが50センチほどの高さに育っている。
長らく花の名前が分からなかったのだが、ようやく判明する。
ブッドレア=房藤空木というものらしい。
うちのは写真のものより、葉の緑が濃く、葉の裏が白っぽい。
図鑑では確信が持てないものも、ネットでいくつか比較しているうちにまちがいない、と思うようになった。
明治時代に中国から入ってきたものなんだ。

インスピレーションの方で「魚毒持つ花」としたのはこの花のことでした・・・。

台風の前に切り取って花瓶にさしたものが香りを立てている。
すこし蓮の葉のような、東洋的な香り、かな。

近所から持ってきたものでは、ほかにも河原母子(らしきもの)がお気に入りです。
d0060962_1943095.jpg


(画像はBotanical Garden からお借りしました)
[PR]
# by kirikoro | 2005-08-01 19:08 | 植物 | Comments(4)

といっても、わたしが食べるわけではない。
店先で見つけて、ぎょぎょ、っとしたのね。
リアルなドアップのカブトムシのイラスト入りのカレー!こんなものを日本のお子さまは食べているのか!!


しっかり食べて、立派なカブトムシになっておくれ~~!と言っちまいそうです。


食欲なくさないのか?
かあちゃんたちは、これを買うのか?
などと不思議に思っていたところ、購買層にわけがあるみたい。

参照。

おとうちゃんが買ってしまうカレーなんだね。
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-31 19:06 | うだうだ | Comments(0)

ウィーンも暑いらしい


CNNのニュースから

>オーストリア・ウィーン(AP) 35度前後の真夏日が続くオーストリアの首都ウィーンで29日、「接吻」などで知られる同国を代表する画家グスタフ・クリムトらの作品を展示するレオポルド美術館が、「裸」もしくは「水着」の来館者は無料にするというイベントを催した。

う~ん。暑いんですね。
上記スタイルでご来場の御客様ですけれど、どの時点からこのスタイルをされていたのか気になるところです。

ところで、この美術館、怪しげですけれど、エゴン・シーレの絵の所蔵数は世界一なんだそう・・・。
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-30 18:12 | うだうだ | Comments(5)

薔薇のイコノロジー
若桑 みどり / 青土社
スコア選択:


異文化の象徴は象徴として理解するのが難しい。
この絵の○○は△△を象徴している、などと言われても、ついつい、記号のように単なる指示物、シグナルとして理解しがちだ。
その、象徴について、その底にあるものをほぐしていきながら、他の時代、文化との関連を探っていくのが本著。
スリリングで面白い読書だった。

わたし自身の好みとして、単なる知識のコレクトには興味がない。
わたしの根源、或いは人間の根源、もっと遡ればいのち、世界へと、どんどんつながっているのだけれど、そういう地平で見えて来ることがらが、だいじ。
わたしの音楽の好みにしても、中世や民族音楽と、外見上はひどく、辺境にこだわっているように見えるかもしれないけれど、私の中では、いちばん中心に近く思われる音楽なのである。
民族音楽が好きといいながら、日本の民謡に興味がないのも、そこのところと関連しているんだろう。
本の中でいけばなについて書かれている部分と同根ではないか、と思うのだが、形骸化して、根っことつながっていないように思われるからなのだろう。
桃山晴衣も日本の歌は滅びてしまって、もう、再現のしようがない、と言っていたっけ。

そんなこんなで、脱線しまくって、えらく時間をかけて楽しみました。
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-29 10:58 | 読んだ本・聴いたCDなど | Comments(0)

いけないサイト


といっても、やらしいページではない。

わたしにとって、いけないサイト。
それはそれは、麻薬のように離れられない、ジグソーパズルのページです。

夜となく昼となく

冬にはまったときに、これはいけない、とお気に入りを削除したのですが、
この手が勝手に、検索してしまふ・・・。

いくつかのサイトに別れていて、膨大な数があるのですが、それも、ほぼ、やり終えたかしら、と思っていたら、先ごろ、更新されてしまいました。
ああぅ!
またまた、離れられなく・・・。

は。題詠マラソンの感想、滞っています。
本も、途中です。
FF10もストップしています。

はう。こんなことではいけないと思いつつ、きょうもパソコンに向かうとトリップしているのであった。
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-27 18:32 | うだうだ | Comments(11)

d0060962_1141869.jpg

生協でみっけ!
なんとなく懐かしい、味。
愛媛のみかんは元気にやってるだろうか。(謎)
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-27 11:06 | うだうだ | Comments(2)

清原なつの『千利休』


千利休
清原 なつの / 本の雑誌社
スコア選択:



図書館で清原なつのの名前を見て、懐かしい、と思って借りて来た。
まだ、書いていらっしゃるのね
千利休の伝記漫画である。内容は、う~ん、いまいちかな?
話としては突っ込みが足りない感がある上に、どこまでが史実なのかが不明。
せめて参考文献が欲しいな。

そんななかでほ~っと思ったのは、利休自身が高い金を出して茶道具を集めていること。億とかするようなもの、買っているのね。
わび、さびで注目されてしまうから、堺の豪商ってことがすっぽり抜け落ちてたよ。
(妻4人なんてのも、イメージと違うよな)

あと、松永久秀って人が作った多聞城が金色の薔薇で飾られていたというのがわたしの薔薇センサーに引っ掛かりましたです。
ある意味インパクトのある人物に書かれていたこともあって、この人のこと、もうちょっと知りたくなった。

同じうんちく系の漫画家の川原泉だったら、どう書くかんだろうね、なんてことも思いました
[PR]
# by kirikoro | 2005-07-26 16:17 | 読んだ本・聴いたCDなど | Comments(3)